最先端の技術を保有する歯医者をお探しなら歯科医ジャパン

歯医者とタバコ歯周病とタバコには非常に深い関係があります。もちろんタバコが直接病気の原因となることはありませんが、歯科医たちは危険因子(リスクファクター)として禁煙を促す場合が少なくありません。実際に、喫煙者は非喫煙者より3倍も歯周病にかかる危険性が高いと言われています。さらに、喫煙者はより症状が重症化すること、失う歯が多くなることも知られています。


これはタバコの持つ特性に原因があります。タバコに含まれるニコチンは強い収斂作用を持つため、タバコを吸うと歯茎に走っている血管が収縮して血流が悪くなります。それによって運ばれてくる白血球、酸素、栄養の量が減るため、細菌に対する抵抗力が落ちてしまうわけです。また同じ理由で分泌される唾液の量も減ってしまいます。唾液は口内の細菌を洗い流す大事な役割がありますから、これが減ってしまうと歯茎の炎症も起きやすくなるわけです。しかもタバコの煙によって口内の酸素が減り、嫌気性環境を好む細菌類が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。

さらに、一旦歯周病に罹った後も、タバコは悪影響を与えます。歯茎の腫れを引かせるためには体の免疫を強化する必要がありますが、タバコはその免疫力を弱めてしまいます。また、歯茎の再生に不可欠な線維芽細胞の働きを妨げてしまうので歯肉炎が治りにくくなってしまうのです。


まさにタバコは「百害あって一利なし」。歯周病に悩まされているならなおのこと、禁煙を試みてはいかがでしょうか。