歯医者の種類:小児歯科って?

ホームへ戻る > 歯医者の種類:小児歯科って?

審美歯科って?
歯医者での治療-虫歯
歯医者での治療-インプラント
歯茎の変色の治療にかかる料金
歯医者の無痛治療と嘔吐反射

小児歯科歯医者と一口にいっても、そのなかにはさまざまな専門分野があります。小児歯科は歯医者の診療科のひとつで、矯正歯科などとともに、標榜科としても認められている科目です。小児歯科で主に扱うのは、成年するまでの患者。ただ、病院によっては18歳までとするところもあり、また、両親の判断によって、幼年期だけ小児歯科に行き、それ以降は一般の歯科にする家庭も多くあります。


小児歯科が一般歯科と比較して何が違うのかというと、まずは成長、発育に関するじゅうぶんな知識があること。成人は歯も口の中も大きく成長することがありませんが、小児の場合は特に発達途上にあることが多く、その時々の発達に応じて診断、治療を行う必要があります。

また、歯を健康に保つために両親への指導を行うこともあります。さらに、幼児期の場合は治療自体が困難になることもあるため(子供のころ歯医者が嫌いだったという方は多いのではないでしょうか?)子供相手でも十分にコミュニケーションをとりながら治療を進めることができる、というのも小児歯科にとっては必要な適性といえるでしょう。


最近では、早いうちに歯医者通いを始める子供が増えています。予防の観点から、一歳を超えたころから定期的に小児歯科に通っている子がいたり、子供のうちに矯正を始める子がいたりと、小児歯科の必要性が高まっています。確かに早いうちから歯医者通いをして予防を始めると虫歯にもなりにくくなりますし、正しい習慣が身につきます。そうした意味でも、小児歯科は必要とされているのではないでしょうか。