審美歯科って?

ホームへ戻る >  歯医者の種類:小児歯科って?  > 審美歯科って?

歯並び審美歯科とは、「美しさ」に重点をおいた治療や対応を行う歯医者の専門分野のことを言います。現在のところ、標榜科としては認められていませんが、いくつかの専門外来は設置されている分野です。審美面に重点をおいた歯医者は近年増えてきており、その需要も高まっているといえる分野でしょう。


「芸能人は歯が命」などの言葉は一時期に言われたことですが、一般の方の場合でも、歯のきれいさは大切です。歯並びによって他人が受ける印象は大きく異なりますし、茶色くなった歯より美しく均等に並んだ白い歯が好まれるのは、言うまでもありませんよね。

審美歯科では、主に歯の美しさを重視した対応を行っており、具体的には歯のホワイトニングや歯列矯正、オールセラミックなどがその範囲としては代表的なものといえるでしょう。審美的な観点からの治療ということで日常生活に支障はありませんが、結婚式などのタイミングで踏み切る方や、美容面のメリットを強く感じて足を運ぶ方が多いようです。歯列矯正に関しては、歯を直すことによって輪郭がすっきりしたり、長年の頭痛が消えた、など意外な副産物を実感する方も少なくないといいます。


ただし、現在の保険診療として認められているものは、審美的な側面のものは少なく、そのほとんどが治療的な側面のものです。そのため、審美歯科の分野の歯医者に通ったとしても自費の範囲が多くなり、高い料金がかかってしまうという(患者にとっての)デメリットもあります。