歯医者での治療-虫歯

ホームへ戻る >  歯医者の種類:小児歯科って?  > 歯医者での治療-虫歯

歯医者での治療-虫歯虫歯になると歯が痛いだけでなく、食事が摂れなくなったり痛みにより眠れなくなったりと弊害が多々あります。痛みを感じたら、放置せずにすぐに歯医者に行くことが大切です。放置しておくと、虫歯が進み、場合によっては歯を失ってしまう可能性があります。


虫歯は進行具合によりCO(シーオー)からC4(シーフォー)までに分類されています。COとは歯のエナメル質が溶け始めているものの、虫歯の穴がない状態を指しています。この状態の場合、歯医者で治療しなくても適切なブラッシングをすることで自然治癒する可能性が高い状態とされています。


次はC1です。この状態は虫歯が進みエナメル質が溶け、表面に穴が開いている状態です。この場合、歯がしみることは少なく、気づかないことも多くあります。この状態で歯医者に行くと治療が早く済みます。治療方法は虫歯の部分を削り、そこを塞ぐ方法をとります。次がC2です。この状態になると、虫歯はエナメル質を突き破り象牙質まで達します。痛みが現れるのはこの段階が多くあります。治療は、虫歯の部分を全て削り取り、型取りをして金属などで塞ぎます。


次はC3です。この段階になると、虫歯は神経にまで達するようになり、痛みが激しくなります。歯が痛くて夜も眠れなくなるのはこの段階です。この段階では、土台を作ることが必要になる場合もあります。


金属の土台を作り、その上に金属などの型をかぶせます。最後はC4です。この段階では、虫歯が歯全体に進み、歯根だけが残っている状態がほとんどです。神経も侵食されているため、痛みは落ち着きます。


この段階では抜歯をし、差し歯などをあてがうようになります。