歯医者での治療-インプラント

ホームへ戻る >  歯医者の種類:小児歯科って?  > 歯医者での治療-インプラント

歯医者での治療-インプラントインプラントとは、虫歯や老化により失われてしまった歯根を人工のもので置き換え、再生する医療技術のことを指します。入れ歯や差し歯に比べて、安定性が高く、着用後も健康な歯と遜色ないという特色があります。インプラントの方法ですが、まず歯が抜け落ち、歯根のない部分に金属のネジを埋め込みます。これが歯根の代わりとなり、しっかりとした土台になります。その上に人工の歯を取り付けることで治療は完了します。


歯医者の判断により、インプラントが可能かどうか決まりますが、健康保険の適用外になるため、費用が高額になりますから、治療を受け入れる前に、費用を含めて歯医者とよく相談の上で決定すると良いでしょう。インプラントは、失われた個々の歯を再生するだけでなく、インプラント義歯(インプラントを利用した総入れ歯)を導入する際にも用いられることがあります。

総入れ歯をインプラントで行う場合、土台が安定しているためしっかりと入れ歯を装着することができ、使用時のズレや違和感も大幅に軽減できるという特徴があります。これは、顎にはめ込むだけの入れ歯に比べて、顎にしっかりとした土台を築き、その上に入れ歯を装着することで、しっかりと入れ歯を固定することができるためです。


しかし、インプラント義歯は費用が高額になりますし、健康保険の適用外となりますから、治療費がまかなえるかどうか歯医者とよく相談することが必要です。歯医者によっては費用を分割で支払うことができる場合もあります。