歯茎の変色の治療にかかる料金

ホームへ戻る >  歯医者の種類:小児歯科って?  > 歯茎の変色の治療にかかる料金

歯茎の変色の治療にかかる料金歯茎の色は、いろいろな原因によってピンク色から紫色や黒色などに変色してしまうこともあります。例えば、喫煙の習慣があったり、歯周病が進行していたりすると、歯茎にメラニン色素が沈着し、歯茎の変色につながることもあります。また、歯にインレーやクラウン、ブリッジなどの金属片が入ると、金属の色素が少しずつ歯や歯茎に流れ出し、それが歯茎の変色につながることも少なくないようです。


しかし、歯茎の色がピンク色でも紫色でも、その色自体が健康や機能に問題があるわけではありません。そのため、歯茎の変色の治療は、すべてが保険外治療となります。

歯茎の変色を治療する方法には、歯茎を漂白して色素沈着している部分を漂白する方法や、変色した部分をメスで切り取ってしまう方法、また、歯の根の部分を漂白することで歯茎の漂白を促進する方法などがあります。


この中で最もリーズナブルに変色の治療ができるのは、歯の根っこの部分の色素沈着を漂白することで、歯茎の漂白を促進する方法。クラウンやインレーなど、以前の歯科治療が原因で部分的に歯茎が変色している時に多く用いられる治療法です。この方法だと、歯1本当たり2000円~1万円程度の治療料金がかかるようです。


歯茎を漂白する治療法では、薬品を使ったりレーザーを使ったりするため、治療料金は5000円~3万円ぐらいになることが多いようです。外科手術にもなる変色した歯茎を切り取る治療法では、治療料金もとても高額で、10万円ぐらいかかることもあります。