歯医者の静脈内鎮静法

ホームへ戻る > 歯医者の静脈内鎮静法

無痛の歯科治療
歯医者のインプラント治療を無痛で受ける
水に含まれるミネラルの働き
いろいろなRO水
水サーバーの口コミ

歯医者で導入されている無痛治療の中でももっとも有名なのが静脈内鎮静法でしょう。この方法は単に痛みを感じさせないだけでなく、治療の恐怖や不安といった精神面の負担をやわらげてくれる効果も持っています。この静脈内鎮静法とは、治療を行う前にあらかじめ静脈注射で抗不安薬や鎮静剤を注入し、心身を鎮静状態にする方法です。


麻酔の方法として紹介されることもありますが、実際の麻酔注射も行われます。ただ、その際の痛みはほとんど感じません。歯医者の治療で行う麻酔は原則として局所麻酔。そのため意識がハッキリした状態で治療を受けることになります。

そのため治療中に精神的な圧迫感を覚える人も多いのです。長々と続く治療、あるいはドリルのキーンという音など、これらに苦痛を感じて治療を受けるのを嫌がってしまう人もいるのです。その点静脈内鎮静法は意識をぼんやりさせる効果があり、恐怖や不安といった感覚はもちろんのこと、時間の感覚も麻痺します。時間がかかる大掛かりな治療でもあっという間に終わったような感覚になるため、治療中の精神的な負担もほとんどありません。


歯医者では究極の無痛治療として紹介されることも多い静脈内鎮静法。痛いのは絶対嫌だ、治療が怖くて受けられないなど歯医者にアレルギーを持っている人に特にオススメの方法となるでしょう。無痛治療としてこの方法を導入している歯医者を探してみてはいかがでしょうか。普及が急速に進んでいるので近所のクリニックでも見つけることができるでしょう。