無痛の歯科治療

ホームへ戻る >  歯医者の静脈内鎮静法  > 無痛の歯科治療

歯科治療を痛みなしで受けることができる。そういわれても信じない人も多いのではないでしょうか。子供の頃の痛かった治療の記憶、あるいは大人になってから味わった痛い思い。歯の痛みはとくに強烈な印象となって残るだけに、一度味わうともう二度と歯科に行きたくないと思う人も多いでしょう。しかし現在の歯科ではさまざまな無痛治療が開発され、続々と導入されています。痛い治療は嫌だ、と長年避け続けている間に痛みを感じずに済む方法が次々と登場しているのです。


目を背け続けたあげく、虫歯をますます悪化させて痛みに苦しむくらいなら、まずどんな無痛治療が行われているのか情報収集を行った方がよいのではないでしょうか。

歯科で行われている無痛治療にはさまざまな種類がありますが、その中でも技術の進歩が進んでいるのが麻酔の分野。歯の治療そのものは麻酔を行えば痛みを感じずに済みます。しかし麻酔の注射に少なからぬ痛みが伴うため、それが大きなネックとなります。最近では麻酔のための麻酔を導入しているところも多く、まず麻酔の痛みを感じさせない環境が用意されています。もはや「麻酔は痛い」というイメージは過去のものといっても過言ではないでしょう。


ネット上では無痛治療を重視したクリニックの公式サイトもありますし、痛くない方法に関する情報を掲載したサイトも見受けられます。長年歯科に目を背け続けた人にとっては驚くような技術も見つけられるでしょう。虫歯の不安を抱えながらも治療を躊躇っている人は、まず情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。