歯医者のインプラント治療を無痛で受ける

ホームへ戻る >  歯医者の静脈内鎮静法  > 歯医者のインプラント治療を無痛で受ける

近年急速に広まっているインプラント治療。欠損した歯の治療方法として人気を得ています。従来の入れ歯やブリッジとは異なり、強度や耐久性、審美面に優れている点が特徴です。ただ、この手術は顎の骨にインプラントを埋め込む必要があるなど、かなり負担が伴います。そのため心臓に疾患を抱えている人などは手術を受けることができません。


そんな大手術となると、痛みがあるのではないかと不安に思う人も多いでしょう。出血量もそれなりになりますから、歯科治療の痛みに恐怖心を持っている人にとってはちょっと近寄りがたい治療のようにも思えます。しかし現在の歯科でのインプラント治療では無痛に配慮した方法が用意されています。

インプラントではおもに局所麻酔を使って行います。歯科では極細の針を使用した注射針を採用することで、まず麻酔の痛みと恐怖を和らげることができます。注射の痛みそのものを和らげるための塗り薬タイプの麻酔を事前に塗布することもあります。


それでも痛みが不安、という人には静脈内鎮静法が使用されます。これはあらかじめ鎮痛剤を静脈内に投与し、体の感覚を麻痺させた状態にする方法です。これだと意識はあるもの、ぼんやりした状態になるため時間の感覚や恐怖心などもなくなり、無痛なのはもちろん、過度な恐怖・不安を感じることなく手術を受けることができます。インプラントを受ける際にはどのような無痛治療が用意されているかも歯科選びのポイントとなるでしょう。