いろいろなRO水

ホームへ戻る >  歯医者の静脈内鎮静法  > いろいろなRO水

RO水と呼ばれる水を使っているウォーターサーバーの会社があります。RO水は人工的に作り出された水です。逆浸透膜と呼ばれる非常に目の細かなフィルターを使って、有害な化学物質やウィルス、病原菌を取り除いて作り出します。ウォーターサーバーの会社は、このプロセスを「水を磨く」と表現することがあります。RO水は純粋な水なので安全性は高いです。赤ちゃんに安心して飲ませることができると言われています。しかし天然水を使ったウォーターサーバーに及ばない点もあります。


RO水の中にはミネラルが含まれていないものあります。水の中のミネラルはその水の味を決めるものです。

ミネラルが含まれていないと水自体の味わいが落ちてしまいます。ウォーターサーバーの味にこだわる方は、天然水のウォーターサーバーを選ばれた方がいいのかもしれません。RO水の短所を補った水を販売されています。RO水の中に、カルシウムやマグネシウムといったミネラルを配合したものです。こういった水なら味も悪くなく、RO水の長所である安全性の高さも備えています。


RO水を作るときには普通の水が使われることもあるのですが、天然水を使ってRO水を作るサーバーの会社もあります。例えばアルプスの天然水を逆浸透膜を使ってRO水にするところがあります。ハワイの天然水をRO水にする会社もあります。これらの水は天然水の良さを保ちながら、安全性を高めた水と言えるかもしれません。赤ちゃんや地位さんお子さんがいるご家庭にお勧めです。