販売水のウォーターサーバーの電気代

ホームへ戻る >  バルプラスト義歯の価格  > 販売水のウォーターサーバーの電気代

販売水のウォーターサーバーを利用することになった場合には、電気代が気になる人もいるでしょう。基本は一定の温度を維持するために電源を24時間入れっぱなしになるのです。せっかく重たい思いをしないで宅配の水なら販売されている水を手軽に飲めると思っていたのに、電気代がかなりかかっているのではちょっと…と考えるという人もいるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代はもちろんですが、それ以外にも維持するのに必要なお金がないかどうかも気になりますよね。電気代についてここから見ていきましょう。電気代はそれぞれの機械の種類やサイズによっても違っていますし、使用する頻度によっても違います。


ですが、平均的な相場としては1か月1000円前後とされています。24時間電源を入れっぱなしという点で同じ電気ポットと比べると、普通の電気ポットは電気代が1か月あたり1000~1500円とされているので、それほど変わらないか、もしくは電気ポットの方が電気代が高いことになります。


そして電気ポットならお湯を沸かすのと保温するだけですが、この機械は販売されている水を冷水としても温水としても両方で飲むことができるのでとても便利です。電気代がもし一緒だったとしてもお得ですよね。


また、あまり電気代がかからないウォ―ターサーバーも中にはあるようです。電気ポットからこちらの機械に替えるだけでもかなり電気代を抑えることができて、販売されているおいしい水を宅配してもらえるのでメリットは大きいですね。