歯科矯正の種類

ホームへ戻る >  バルプラスト義歯の価格  > 歯科矯正の種類

ガタガタになってしまった歯並びを矯正したい人は少なくありません。歯並びがどの程度悪いのかによって歯科矯正にかかる治療期間は異なります。また、どんな種類の治療方法を選択するのかによっても、治療にかかる期間は異なります。


・ワイヤー矯正

最もオーソドックスなのが、ワイヤーとブラケットを歯の表面に装着するタイプの治療方法です。多くの歯科医で取り扱っており、臨床経験が多いため失敗する可能性が少なく、費用も他の矯正方法と比べて比較的リーズナブルであることが多いようです。


・裏側矯正

ワイヤー矯正で使用するブラケットとワイヤーを、歯の表ではなく裏側に装着するのが、この裏側矯正です。歯科矯正の中では、医師の高い技術力が求められる治療方法であるため、取り扱っているクリニックはそれほど多くありません。また、ワイヤー矯正と比べて、完成度が高くありませんし、かかる費用も期間も1.5倍になるため、広く浸透するまでにはもう少し時間がかかりそうです。

・マウスピース矯正

着脱自由なマウスピースを装着することで歯列を矯正できるのがマウスピース矯正です。透明なマウスピースを装着するため他人に気づかれにくいというメリットがあるものの、着脱が自由であるあまり、装着時間が足りなくなってしまう人も多いようです。ワイヤーで歯を動かす必要がない人に適用される治療方法なので治療にかかる期間も短くなることが多いようです。


歯科矯正にはそのほかにも、インプラントを使ってスピーディに歯を動かす「インプラント矯正」、ラミネートべニアを歯に張り付けたり盛ることで見た目の歯並びをよくする「クイック矯正」などがあります。