歯科矯正の選び方

ホームへ戻る >  バルプラスト義歯の価格  > 歯科矯正の選び方

歯並びを良くすることができる歯科矯正には、いろいろな方法があります。それぞれの治療法ごとにメリットがあればデメリットもあり、治療にかかる期間や、見た目、器具を装着している時の不快感なども異なります。どの治療法を選ぶのかは、自分のライフスタイルや考え方に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。


・失敗したくない人

せっかく費用と期間をかけて治療をするのだから、絶対に失敗したくないという人には、症例数が最も多く、たくさんの医師が熟練した技術を持っている治療方法が良いでしょう。歯の外側にブラケットとワイヤーを装着する通常のワイヤー矯正なら、失敗する確率がかなり低く、誰でも大きな歯科矯正効果が期待できるというメリットがあります。

・他人に気づかれたくない人

光って目立つブラケットやワイヤーを装着するのが嫌な人は、費用と期間はかかりますが、マウスピース矯正や裏側矯正などが良いでしょう。数本の歯並びだけが気になる場合には、クイック矯正でラミネートべニアを張り付けてしまう方法でも良いかもしれません。


・できるだけ早く治療を終わらせたい

歯科矯正は、治療方法によっては3年以上の期間がかかることもあります。そんなに長い期間をかけるのが嫌だという場合には、短い治療時間で歯列が改善できるインプラント矯正や、人工的なラミネートべニアをやり繰りしていくクイック矯正などがおすすめです。


・乳歯が残っている人

顎の幅を広げながら矯正を行う小児矯正がおすすめです。