便利で人気の注文住宅用ガレージ

ホームへ戻る > 便利で人気の注文住宅用ガレージ

注文住宅で大切な耐震設計
工務店って何?
工務店の種類
工務店と施工会社の違いは?
工務店は社長で回る

一戸建ての注文住宅を建てる人に絶大な人気を誇るのが「ガレージ」。つまり、車を収納しておく車庫のことですね。敷地内にガレージがあれば、近辺に駐車場を借りる必要もありませんし、路上駐車で家の前の道路を狭くしてしまうこともなくなります。しかし、ガレージを作るために生活空間が圧迫されてしまうというのは嫌なものです。


注文住宅でガレージを考えている人は、たくさんの施工例を参考にしながら、居住性と機能性の両面で満足できる施工例を見つけるようにしましょう。敷地面積の限られている都市部では、1階はガレージと倉庫に使い、2階以上を居住空間にしている人も少なくないようです。

ちなみに、ガレージを確保したいために3階建て以上の注文住宅にしたという人の割合は、2世帯や2.5世帯、1階部分を店舗として賃貸したいという人の割合を大きく超えているという統計もあります。


注文住宅でガレージを設置する場合には、車の高さや幅などもよく考えてデザインすることが大切です。セダンタイプの車やスポーツタイプの車は、4輪駆動やミニバンと比べると車高も低くなっています。現在はセダンに乗っているからといって、その車高に合わせてガレージを作ってしまうと、車を買い替えた時に車種がかなり制限されてしまいます。そのため、たくさんの施工例を参考にしながら、長期にわたって便利に使えるようなガレージをデザインするようにしましょう。コスト的に余裕があれば、車のターンテーブルを設置することで、狭い敷地でも車の出し入れを簡単にすることも可能です。