注文住宅で大切な耐震設計

ホームへ戻る >  便利で人気の注文住宅用ガレージ  > 注文住宅で大切な耐震設計

いつ襲ってくるかわからない地震。一生に一度という大きな買い物にもなる注文住宅を建てる際には、たくさんの施工例を参考にしながら、予算の範囲内でできるだけマックスの耐震設計にしたいものです。国が定めている建築基準法では、集合住宅やビルはもちろん、注文住宅のような一戸建ての建物まですべて建築基準法に則っていなければいけないと定められています。しかし、その基準はあくまでも「最低基準」なので、決して安心できるレベルではありません。


これから注文住宅を建てる場合には、建物のバランス、接合部、建物にかかる力の3要素のバランスが取れるようなマイホームをデザインすることが必要です。

どの方向に激しく揺れるかわからない地震に対応するためには、どんな揺れにも家のバランスで対抗するのが最適。そのためには、柱や梁など細かい部分の一つ一つにも、適切な耐震設計をすることが必要になります。


耐震に優れているといわれている住宅は、分譲や注文に限らず、壁で家を支えているツーバイフォーだといわれています。注文住宅でも、比較的短期間で建てられてリーズナブルなツーバイフォーの施工例は人気がありますし、基礎部分にオプションとして耐震設計を加えることができるハウスメーカーなども増えているようです。


最先端技術を用いた耐震設計にすると、それなりにコストも高くなってしまいます。予算内で可能な耐震設計にするための施工例を集め、それぞれのハウスメーカーが注文住宅を建てようかと考えた時、「ハウスメーカー」とか「工務店」などという言葉をよく耳にすると思います。工務店っていったい何なのでしょうか?