工務店って何?

ホームへ戻る >  便利で人気の注文住宅用ガレージ  > 工務店って何?

注文住宅を建てる際には、一つの業者がすべての作業を行うわけではなく、たくさんの専門業者が作業を分担します。電気、水道、ガス、電話、大工、板金、トビ、左官など、それぞれの業者が必要な工程で必要な作業を行うことになります。その手配を行うのは、私たち家主ではありません。工事がスムーズに運ぶように先を読んで業者を手配してくれるのが、この工務店の仕事となります。一言で言ってみるなら、注文住宅を建てる際のマネジメント的な役割をしてくれる業者のことになります。


この業者は、住宅の工事現場で工事過程の管理や監督を行いますが、直接工事の作業を行うわけではありません。

専門業者と家主の間に入ってすべての対応を行ってくれます。ちなみに、ハウスメーカーや設計事務所なども、注文住宅のプロセスにおいては同じ役割をしています。


ハウスメーカーは全国チェーンとして展開されていることが多く、どこに住んでいても同じような住宅を建てることができます。一方、その土地や地域に密着して活動をしている工務店の場合には、ちょっとした事にもフレキシブルに対応してくれたり、入居後のアフターケアもきめ細かかったりして、ハウスメーカーと比べてたくさんのメリットがあります。最近では、設計士が注文住宅のデザインを担当し、工務店が工事の管理を行うなど、設計士とのコラボで運営されている業者もあるようです。