工務店の種類

ホームへ戻る >  便利で人気の注文住宅用ガレージ  > 工務店の種類

注文住宅を建てるときには、工事の管理や監督をすべて行ってくれるマネジメント的な役割をしている工務店。工務店の基本的な役割は、この「工事管理」ですが、最近では家主のニーズや住宅事情などによって、いくつかの種類に分類することができます。


・デザイナーズハウス

社内に設計士を抱え、ユニークでオリジナリティあふれるデザインや間取りによって、ほかの業者やハウスメーカーとの差別化を図ろうというのが、デザイナーズハウスを取り扱っている工務店です。それぞれの業者ごとにデザインのイメージが異なるので、気に入ったデザインの注文住宅がある場合は、その業者に依頼すれば満足度の高い住宅に仕上がるのではないでしょうか。


・施工のみを担当

地元密着型の工務店の多くは、同じ地元で活躍している設計士とのコラボレーションによって、デザインや設計の段階から家主と二人三脚で注文住宅に携わります。しかし、中には、この設計部分には一切ノータッチで、施工の時の監督や管理のみを行う業者などもあるようです。


・ハウスメーカーの下請け

工務店の中には、提携しているハウスメーカーの下請け企業として、工事の管理や監督を担当する業者もあります。この場合には、あくまでも家主はハウスメーカーとの契約になるので、トラブルが起きた時などにはすべてハウスメーカーと直接やり取りをすることになります。


その他にも、特定の工法のみを取り扱っている業者、フランチャイズに力を入れている業者など、たくさんの種類があります。