工務店と施工会社の違いは?

ホームへ戻る >  便利で人気の注文住宅用ガレージ  > 工務店と施工会社の違いは?

注文住宅を建てるときには、工務店とか施工会社とか、聞いただけでは違いがよくわからないような業者が登場します。一つ一つの名前をあまり知らなくても注文住宅を建てることはもちろん可能ですが、それぞれの業者の種類や役割を理解していれば、どのハウスメーカーや工務店に注文住宅を依頼しようかと考えた時に、比較検討しやすいのではないでしょうか。


工務店も施工会社も、注文住宅を建てるプロセスにおける役割は、基本的には変わりません。施工会社は工務店よりも規模が大きい企業であることが多く、「建設会社」「ゼネコン」「サブコン」などと呼ばれることも多いようです。

施工会社の多くは社員数が50人以上を抱えている企業であることが多く、社員として職人を抱えていることも少なくありません。また、取引している専門の業者がたくさんあるため、注文住宅のプロセスでも、一つの専門業者のスケジュールを待つ必要がなく、期間を開けることなくスムーズに工事を進めることができるというメリットがあります。


マイホームを建てるときには、どの業者に依頼するのがもっともよいのでしょうか?工務店は地元密着型の中小企業が多いため、費用は比較的リーズナブルになっていることが多いようです。施工会社は規模が大きくなるために住宅建設の費用も少し高めになっていることが多いようです。そして、全国チェーン展開されているような大手ハウスメーカーは、マイホーム建設費用のコストパフォーマンスはもっとも高くなります。