新築の注文住宅にリビング階段を付ける

ホームへ戻る >  新築の注文住宅の人気は?  > 新築の注文住宅にリビング階段を付ける

リビング階段とは、リビング・ダイニングに繋がっている階段のことです。子供が二階の自分の部屋に行く前に、必ずリビングを通らなくてはいけないので、新築の注文住宅を建てる際には、造ることを検討している人も多いでしょう。子供とのコミュニケーションを重視する人であれば、リビング階段を是非造ってもらいたいものです。新築の注文住宅では自由に間取りを考えることができるので、採用する人も増えているようです。


リビング階段のメリットとしては、まずはやはり子供の様子が良く分かるということでしょう。次に子供の友達ともコミュニケーションを取ることができるということです。家に来た友達は必ずリビング・ダイニングを通らないと子供の部屋に行くことができないので、自然とコミュニケーションを取ることができます。また、子供との何気ない会話が増えたり、空間に開放感が出たりと良いことが沢山あります。

しかし、リビング階段を新築の注文住宅で造る場合には、注意点があります。それが冷暖房のことです。リビング・ダイニングに階段があるため、空気が二階まで筒抜けになり、冷暖房のききがあまりよくないということがあります。そこで、暖気や冷気が逃げないように、カーテンをつけたりすれば、その問題は解決します。少しの工夫で、デメリットもなくすことができるので、是非試してみてはいかがでしょうか?大切な子供とのコミュニケーションが取れるリビング階段は、子供がいる家庭であれば是非うまく間取りに取り入れてみることをおすすめします。