子供のインプラント治療

ホームへ戻る >  新築の注文住宅の人気は?  > 子供のインプラント治療

子供で、虫歯にかかってしまうというケースも結構あります。もし症状が進行をしているのであれば、虫歯を抜歯しないといけなくなるようなケースも出てくるかもしれません。中には、抜歯をするのであれば、今注目されているインプラントを使っての治療を希望する親御さんもいるかもしれません。しかし通常歯医者では、子供に対してインプラントの治療をすることはありません。


インプラントの治療は、人工歯根を直接あごの骨に埋め込む手術になります。ところが子供の場合、これからいくらでも骨や神経が成長・発達する可能性があります。

ですから、今の時点ではマッチしたインプラントの治療ができたとしても、将来的に配置などが変わってしまう可能性があります。またインプラントの治療を十分に発達していないあごの骨に対して行うと、成長に悪影響を及ぼしてしまうケースもあります。そこで、子供に対してインプラントを行うことに、歯医者は躊躇するケースが多いです。


もし子供に対して、インプラントを希望するのであれば、まず子供が成人するまで待つことです。それまではつなぎとして、ブリッジや部分入れ歯を入れるようにしましょう。そしてきちんと骨も神経も発達していると歯医者が判断をした時に、インプラントを本格的に始めるようにしましょう。もちろん体の成長には個人差がありますが、一般的には20歳を超えていない人に対してインプラントをすることに、歯医者は積極的でない傾向があります。